オリンピック、再開発で注目が集まる都内のスポットは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のエリアに住むなら今のうち!?


賃貸物件でも、利便性を求めて都心回帰の傾向が見られるようになりました。一時期より23区内の家賃相場が幾分下がってきたことと、次のような理由が都心回帰を後押したと思われます。

注目スポットTOP3を見る!

賃貸物件でも都心回帰の理由

・郊外に行くと、通勤時間がかかるため余計ストレスがたまる!
・終電や終バスを気にして仕事や飲み会に参加しなくちゃいけない。
・物価は安いけど近くに商業施設がないため、電車賃をかけて都心まで出る必要がある。
それならば、いっそ23区内に住んだ方がいい・・と考える人たちが急増してきたんです。
といっても、家賃の下落傾向もそろそろ一段落。再開発によって街全体が進化を遂げ、地価が上昇し始めたエリアもあります。その一例が押上や二子玉川エリア。


また、2020年に開催が決まった「東京オリンピック」によって、湾岸エリアは選手村や競技場の建設が予定されていることから、不動産業界でも注目が集まっています。地価が高くなれば、家賃も当然値上がりします。このエリアに家を借りるのも、今のうちかもしれません。
(情報参照元:今は買い時?東京オリンピック開催の不動産価格への影響について 不動産投資の教科書)
そこで「借りるなら今から」と思えるような23区内のホットなエリア、TOP3を挙げてみました。

都内の注目が集まるスポットTOP3!


街が決まったら部屋探し。「でも時間がない」という人におすすめしたい・・・

秒速チャットで簡単にお部屋探しができる「イエプラ」 は探す手間・時間が短縮できて、なによりラクです。
助かるのは「内見予約まで設定可能」なところ。
深夜0時まで対応しているため、「探さなきゃいけないんだけど、面倒・・・」「忙しくて日中のやり取りは無理!」と思っていたのが解消されました。
チャットに抵抗がない方であれば、かなり便利だと思います。

Twitter、Facebook、Google、Yahooのアカウント連携できるので、ログインしたらLINEの様な感覚で連絡し、専任のスタッフがだいたい1分ほどで対応してくれます。
利用者は女性が多く、チャットなので複雑な条件も組み込めますし、急ぎの場合は電話対応もしてくれます。

物件探しの常識を覆すお部屋探されサイト。待ち時間なし。

※画期的なサービスとしてめざましテレビやYahooニュースでも取り上げられたようです。

カテゴリ一覧

Copyright (C)2018徹底調査! 賃貸で住んでよかった街BEST30.All rights reserved.