空き巣の侵入手段

このエントリーをはてなブックマークに追加

空き巣被害に遭わないためには、普段からセキュリティを強化することが大切です。
ではどのようなことに気をつければよいのでしょうか。そのために、まずは空き巣はどこから侵入しているのかというデータを知らなければなりません。

空き巣はどこから侵入しているのか


●縁側、ベランダの窓…35.6%
●居室の窓…25.4%
●その他の窓…9.2%
●出入り口…26.5%
●非常口…1.0%

以上のデータからもわかるように、空き巣はほとんど窓から侵入していて、約7割が窓からの侵入となっています。また、侵入手段は戸建住宅かマンションなどの中高層住宅かで違ってくるようです。

<一戸建て住宅>
・ガラス破り…58.8%
・無施錠…34.7%
・施錠開け…2.6%

<中高層住宅>
・ガラス破り…33.9%
・無施錠…40.7%
・施錠開け…23.2%

<その他の自由宅>
・ガラス破り…46.0%
・無施錠…43.2%
・施錠開け…8.0%

一戸建て住宅ではガラス破りが半数以上の割合を占めていますので、窓に防犯対策が必要だということがわかります。中高層住宅ではガラス破りよりも無施錠が多く、また施錠開けも23.2%と一戸建て住宅よりも随分と多いことがわかります。
とりあえず、すぐにできる防犯対策として、必ずドアや窓を施錠することを心がけましょう。

都内の治安ホントのところ

街が決まったら部屋探し。「でも時間がない」という人におすすめしたい・・・

秒速チャットで簡単にお部屋探しができる「イエプラ」 は探す手間・時間が短縮できて、なによりラクです。
助かるのは「内見予約まで設定可能」なところ。
深夜0時まで対応しているため、「探さなきゃいけないんだけど、面倒・・・」「忙しくて日中のやり取りは無理!」と思っていたのが解消されました。
チャットに抵抗がない方であれば、かなり便利だと思います。

Twitter、Facebook、Google、Yahooのアカウント連携できるので、ログインしたらLINEの様な感覚で連絡し、専任のスタッフがだいたい1分ほどで対応してくれます。
利用者は女性が多く、チャットなので複雑な条件も組み込めますし、急ぎの場合は電話対応もしてくれます。

物件探しの常識を覆すお部屋探されサイト。待ち時間なし。

※画期的なサービスとしてめざましテレビやYahooニュースでも取り上げられたようです。

カテゴリ一覧

Copyright (C)2018徹底調査! 賃貸で住んでよかった街BEST30.All rights reserved.